茅野市 T様山荘


⚫︎寒さ対策

天井 高密度 ネオマホーム 60mm 外壁 グラスウール 16kg 100mm + 空気層 18mm + 外断熱高密度 ネオマホーム 40mm 床  高密度 ネオマホーム 50mm+30mmmm

⚫︎窓

サッシは複層ガラスでフレームは結露しにくい外側アルミ・内側樹脂を使用。(寒冷地では標準仕様) 屋根 材種 ガルバリウム鋼板 竪平葺き 寒冷地で着雪が落ちやすい

⚫︎基礎の工夫

基礎パッキン工法(厚み20mm)を採用し床下内の風通しを良くし床下に湿気がたまらないようにしています。 床下内には土間シートを敷きその上に砕石を敷き湿気が上がってくるのを防止しています。 土間部分(浴室・玄関)にはコンクリートの下にポリエチレンホーム(100mm)を入れて断熱をとっています。

⚫︎外壁の材質

欧州松本実 厚さ13mm キシラデコール2回塗り セメント系不燃版 14mm ジョリパット塗り

⚫︎断熱上の工夫

壁・天井共、断熱・遮熱を考え空気層を設け、外壁・屋根の直接に熱気をすべて軒天から逃がしています。

⚫︎建築上の工夫

化粧梁は古材風に釿(ちょうな)で仕上げ着色で古材にちかづけています。 古材は思ったより金額が高い為。新しい材(米松)を使って古材に見せています。 その他、赤松太鼓梁(古民家風)も同様で仕上げる事が出来ます。

Bookmark the permalink.